Availability

宿泊先は、地域の蚕農家または、神社所有のイベントスペースです。 カフェでの朝食や団らんもできるスペースが特徴です。

We are sorry, there are no rooms available at this accommodation at the moment

General

文化財にも指定された富岡製糸場につづく上信鉄道が境内の中を走る面白い神社。

山名八幡宮という名前は、このあたりの一大勢力であった山名氏の氏神であったことから。一時は、山一つ神社というぐらい広大な敷地と奥宮などを保有する神社であった。蚕との縁も深く、地域には蚕を飼い、糸を紡いでいたなごりの家も散見され、歴史的な遺跡などもある、非常に散策のしがいのある地域にあります。

そんな歴史的、経済的な中心であった神社を夜、ライトアップし、神秘的な雰囲気の中で、ダイニングアウト&ステイのイベントを行います。

期間限定の企画。この機会にぜひお出かけください。

 

Check-in time

15:00

Check-out time

11:00

Facilities

  • Air Condition
  • WiFi

Parking

駐車場3台

 

東京 Tokyo

東京 Tokyo日本の首都・東京は、日本の情報発信地であり流行の最先端を走るエリアでありながら、「江戸」と呼ばれていて、江戸時代(1603~1867)に幕府があったことから古き良き日本を感じられるスポットに恵まれている場所でもあります。 […]

Power Spot Info

○『明治神宮』 渋谷区にある明治神宮は、初詣の参拝客が日本一で知られています。1920年(大正9年)に建てられ、明治天皇と昭憲皇太后が御祭神とされています。代々木公園に隣接しており、緑豊かな場所です。「夫婦楠」というご神木があり、縁結び・夫婦円満のご利益があります。   ○『神田明神』 千代田区にある神田明神は、正式には「神田神社」のこと。毎年5月には神田祭が行われ、多くの人々で賑わいます。 一ノ宮、二ノ宮、三ノ宮があり、それぞれ「だいこく様」と呼ばれる大己貴命(オオナムチノミコト)、「えびす様」と呼ばれる少彦名命(スクナヒコナノミコト)、「まさかど様」と呼ばれる平将門命(タイラノマサカドノミコト)が祀られています。縁結び・商売繁盛・厄除け等満遍なくパワーを得られる神社です。近年では、アニメの聖地にもなり、様々な人が訪れます。     ○『東京大神宮』 「東京のお伊勢様」とも呼ばれる東京大神宮は千代田区にあります。神前結婚式を作った神社でもあり、現在も東京大神宮での神前結婚式は人気を集めています。 伊勢神宮の御祭神でもある天照皇大神(アマテラススメオオカミ)、豊受大神(トヨウケノオオカミ)を中心に祀られていることで知られており、特に縁結びにご利益があることで有名です。     ○『大仏山(上野大仏)』 uenodaibutu   上野大仏は、合格祈願に多く受験生が訪れる場所です。五角形のお守りは「合格」にかけているのだとか。頭や胴体がなく、顔だけという珍しい大仏ですが、それは関東大震災で頭が落下したり第二次世界大戦で頭と胴体が供出されたり・・・という不運があったからなのです。「もうこれ以上は落ちない」という理由で「合格大仏」として人気になりました。   ○『瀧泉寺(目黒不動尊)』 meguro-hudoson 目黒区にある瀧泉寺は目黒不動尊と呼ばれていて、江戸時代には庶民の行楽地にもなっていた場所です。成田不動尊、熊本の木原不動尊、そしてこの目黒不動尊を日本三大不動といいます。 江戸時代後期に「富くじ」が行われたことで「江戸の三富」の一つに数えられるほか、敷地内にある「独鈷(とっこ)の滝」の水を浴びると病気が治るとの言い伝えもあります。   ○『日枝神社』 hieda 赤坂にある日枝神社は、大山咋神(おほやまくひのかみ)を御祭神としています。大山咋神は水や山を司ることから産業の成長や発展にご利益があるとされ、商売繁盛や社運隆昌をはじめ、厄除け・安産などの御祈願でも人気の高い神社です。

Culture and History Info

1603年に徳川家康が江戸幕府を開いたことで、江戸時代が始まりました。この時、日本の首都は京都にありましたが、行政が江戸城を中心に行われたため次第に政治的機能は江戸に移っていきます。 その後1868年に江戸幕府が崩壊して東京府が誕生、1869年に明治天皇が皇居を東京城(江戸城)としたことで、日本の首都が東京になりました。実際に東京都が誕生したのは、第二次世界大戦中の1943年のことです。 第二次世界大戦では、東京大空襲によりその多くが焼け野原になりましたが、戦後の復興は東京都を最優先したために急速に経済が発達していきました(高度経済成長)。現在も日本のほとんどの機能が東京に一極集中しています。 現在の東京都には江戸時代の名残がいたるところに残っており、神社や博物館・資料館を通じて古き良き時代の生活を肌で感じることができます。   ○皇居 koukyo 千代田区にある天皇皇后両陛下がお住まいになられている「御所」があるところ。江戸時代・徳川将軍が暮らしていた江戸城跡に建てられました。 東京中心部にあるにもかかわらず緑豊かで、お堀の周りを一周するコースはジョギングや散歩を楽しむ人々に人気のスポットです。     ○江戸東京博物館 「江戸博」とも呼ばれる江戸東京博物館は、1993年(平成5年)にJR両国駅のすぐ近くに開館しました。徳川将軍が江戸に入府したころから現在に至るまでの400年の歴史を常設展で見ることができます。 細部までこだわっているジオラマや原寸大で再現された展示品など、見どころがたくさんあります。   ○江戸東京たてもの園 小金井公園にある江戸東京たてもの園。ここでは江戸時代~戦前までの建物を移転・復元し展示しています。当時の様々な建物を見たり、建物の内部に入って当時の生活を肌で感じることもできたりする貴重なスポットです。   ○下町風俗資料館 上野公園の一角、不忍池のほど近くにあるのが下町風俗資料館です。明治~昭和にかけての上野・浅草の生活が再現・展示されています。下町の長屋や駄菓子屋の展示が人気で、当時の玩具で遊ぶこともできます。      

Read more