【お藤のたび】愛知県瀬戸市の深川神社に行ってきました

This post is also available in: en

こんにちは!こまちむすめ末っ子のおふじです(*^^*)
第1弾でご紹介するのは、愛知県瀬戸市にある深川神社です!

 

瀬戸市は「せともの」の街。瀬戸物の瀬戸は、この瀬戸市からきているそう。まさにそれを象徴しているのが深川神社です。


鎌倉時代に中国に渡り、陶器の技術を学んで瀬戸に伝えたとされる瀬戸焼の開祖・藤四郎(加藤景正)が深川神社に参拝しており、隣接する「陶彦神社」には藤四郎が祀られています。

 

そして深川神社は、なんと境内に旅館が併設されているのです!実は私もそこに泊まったのですが、神社の階段を登った先に、まさかあるとは思わず、、、少し迷ってしまいました(;_;)

 

ただ、部屋から見える夜の神社も特別で、厳かな雰囲気に何だかとてもエネルギーを感じました。朝になってまた神社に出てみると、これまた違った雰囲気。

 


深川神社は、元は瀬戸市の産土神として由緒があるそう。その言われの通り、神社の境内から見る朝日が差し込んだ瀬戸市の町並みは、とてもキレイで、いつもこの街を深川神社が見守っているんだなあと感じました。朝と夜の神社の雰囲気を感じられるのは、泊まった人だけの特権ですね(*´ω`*)

 

おふじ

 

コメントを残す

Note: Comments on the web site reflect the views of their authors, and not necessarily the views of the bookyourtravel internet portal. Requested to refrain from insults, swearing and vulgar expression. We reserve the right to delete any comment without notice explanations.

Your email address will not be published. Required fields are signed with *

*
*