【お涼のたび】福島県いわき市にある子鍬倉神社へ行ってきました

This post is also available in: en

今回お涼がやってきたのは、福島県いわき市にある子鍬倉神社(こくわくらじんじゃ)!

いわき駅から徒歩15分ほど。ぽつりぽつりと落ちた紅いつばきで彩られた階段を上り鳥居を抜けて境内へ~


拝殿の銅がさびた緑色の屋根が雨に濡れて一段と美しいわ~
うっとり♪

 

 


ところで、ところでこの神社。衣食住の神と書いてありました。


衣食住??の神。どういうことかしら??

実はこの子鍬倉という名前にこそが衣食住そのものなのだそうで~
(因みに、日本全国にだた一社だけの社名でもあるとのこと!)

子:蚕を意味しており、養蚕が盛んな時代には蚕を「お子さん」と呼んで大切にしたことに由来で「衣」
鍬:農具の鍬で「食」
倉:古代における物品出納の場所で経済つまり「住」

子鍬倉神社=衣食住神社ということだったのです!

謎が解けてすっきり!

創建は806年と伝えられ、式内社磐城七社の一つ、磐城四郡の総鎮守として平城三社の一つとしても歴代の平城主の厚い尊崇を受け寄進を受けていた由緒ある古い神社、ちょうど受験シーズンのため、合格祈願の絵馬もたくさん!

頑張れ!受験生!サクラ咲く~

でもここは東北。
東北のサクラはまだつぼみが固い。。。
その代わり、ウメがバッリチ咲いてたぞ~

お涼

コメントを残す

Note: Comments on the web site reflect the views of their authors, and not necessarily the views of the bookyourtravel internet portal. Requested to refrain from insults, swearing and vulgar expression. We reserve the right to delete any comment without notice explanations.

Your email address will not be published. Required fields are signed with *

*
*