東京 Tokyo

東京 Tokyo

Things to do - general

This post is also available in: en

edo

日本の首都・東京は、日本の情報発信地であり流行の最先端を走るエリアでありながら、「江戸」と呼ばれていて、江戸時代(1603~1867)に幕府があったことから古き良き日本を感じられるスポットに恵まれている場所でもあります。

 

・秋葉原

akihabara

秋葉原は日本有数の電気街として栄えた場所ですが、現在は何でも揃う「トレンド発信基地」として有名です。 

アニメグッズやメイドカフェ、懐かしのおもちゃなど、幅広いジャンルのディープなお店が多くあり、日本の「オタク文化」を体験することもできます。他のエリアには売っていない限定もののグッズなどが欲しい方におすすめの場所です。 

 

・雷門

kaminarimon

 

浅草と言えば雷門。雷門をくぐった先には浅草のシンボル「浅草寺」があります。年間3000万人もの観光客が参拝に訪れ、賑わいをみせています。浅草寺は東京都にある一番古い寺院ですが、1945年の東京大空襲で焼失し再建されました。

浅草寺は、推古天皇の時代(648年)に漁師が隅田川で見つけた観音像を持ち帰り、家を寺院にしたことが始まりと言われています。その観音像は現在まで非公開とされており、見ることはできません。

この周辺には、明治からある「神谷バー」があります。デンキ・ブランなど一世風靡しました。近代の日本に迷い込みたい方におすすめ。 

 

・新宿御苑

(photo by flickr)

JR新宿駅から徒歩で10分ほどの場所に新宿御苑があります。都会のオアシスとも言えるような場所で、環境省が管理を行っている公園(正式名称:国民公園 新宿御苑)です。
日本庭園はもちろん、フランス風景式庭園やイギリス風景式庭園など、四季によって様々な表情を楽しむことができます。

 

・浜離宮恩賜庭園

中央区にある浜離宮恩賜庭園は、国指定の特別名勝地です。江戸時代・徳川将軍家の庭園となっていた場所でもあり、明治維新後に皇室の離宮となったのちに昭和21年より現在の庭園が公開されています。
東京ではここだけの海水を引き入れた「潮入の池」、そこから「中島」を結ぶ「お伝い橋」などが見どころで、中島の御茶屋では風情ある景色の中で抹茶を楽しむことができます。

 

・両国国技館

両国国技館と言えば相撲。両国は相撲の街でもあり、街中を歩くと浴衣姿の力士を目にすることができます。大相撲は年間6回開催されますが1月・5月・9月は両国国技館で行われおり、開催中は相撲ファンで大変賑わいます。

 

・歌舞伎座

2013年に開場、5代目となるのが現在の歌舞伎座です。初代の歌舞伎座は1889年(明治22年)に開場し、関東大震災や東京大空襲・建物の老朽化などで建て替えになり現在に至っています。
歌舞伎は日本の伝統芸能の一つです。歌舞伎座では700以上もあるというレパートリーを月替わりで楽しむことができます。

Power Spot Info

○『明治神宮』

渋谷区にある明治神宮は、初詣の参拝客が日本一で知られています。1920年(大正9年)に建てられ、明治天皇と昭憲皇太后が御祭神とされています。代々木公園に隣接しており、緑豊かな場所です。「夫婦楠」というご神木があり、縁結び・夫婦円満のご利益があります。

 

○『神田明神』

千代田区にある神田明神は、正式には「神田神社」のこと。毎年5月には神田祭が行われ、多くの人々で賑わいます。
一ノ宮、二ノ宮、三ノ宮があり、それぞれ「だいこく様」と呼ばれる大己貴命(オオナムチノミコト)、「えびす様」と呼ばれる少彦名命(スクナヒコナノミコト)、「まさかど様」と呼ばれる平将門命(タイラノマサカドノミコト)が祀られています。縁結び・商売繁盛・厄除け等満遍なくパワーを得られる神社です。近年では、アニメの聖地にもなり、様々な人が訪れます。

 

 

○『東京大神宮』

「東京のお伊勢様」とも呼ばれる東京大神宮は千代田区にあります。神前結婚式を作った神社でもあり、現在も東京大神宮での神前結婚式は人気を集めています。
伊勢神宮の御祭神でもある天照皇大神(アマテラススメオオカミ)、豊受大神(トヨウケノオオカミ)を中心に祀られていることで知られており、特に縁結びにご利益があることで有名です。

 

 

○『大仏山(上野大仏)』

uenodaibutu

 

上野大仏は、合格祈願に多く受験生が訪れる場所です。五角形のお守りは「合格」にかけているのだとか。頭や胴体がなく、顔だけという珍しい大仏ですが、それは関東大震災で頭が落下したり第二次世界大戦で頭と胴体が供出されたり・・・という不運があったからなのです。「もうこれ以上は落ちない」という理由で「合格大仏」として人気になりました。

 

○『瀧泉寺(目黒不動尊)』

meguro-hudoson

目黒区にある瀧泉寺は目黒不動尊と呼ばれていて、江戸時代には庶民の行楽地にもなっていた場所です。成田不動尊、熊本の木原不動尊、そしてこの目黒不動尊を日本三大不動といいます。

江戸時代後期に「富くじ」が行われたことで「江戸の三富」の一つに数えられるほか、敷地内にある「独鈷(とっこ)の滝」の水を浴びると病気が治るとの言い伝えもあります。

 

○『日枝神社』

hieda

赤坂にある日枝神社は、大山咋神(おほやまくひのかみ)を御祭神としています。大山咋神は水や山を司ることから産業の成長や発展にご利益があるとされ、商売繁盛や社運隆昌をはじめ、厄除け・安産などの御祈願でも人気の高い神社です。

Culture and History Info

1603年に徳川家康が江戸幕府を開いたことで、江戸時代が始まりました。この時、日本の首都は京都にありましたが、行政が江戸城を中心に行われたため次第に政治的機能は江戸に移っていきます。

その後1868年に江戸幕府が崩壊して東京府が誕生、1869年に明治天皇が皇居を東京城(江戸城)としたことで、日本の首都が東京になりました。実際に東京都が誕生したのは、第二次世界大戦中の1943年のことです。

第二次世界大戦では、東京大空襲によりその多くが焼け野原になりましたが、戦後の復興は東京都を最優先したために急速に経済が発達していきました(高度経済成長)。現在も日本のほとんどの機能が東京に一極集中しています。

現在の東京都には江戸時代の名残がいたるところに残っており、神社や博物館・資料館を通じて古き良き時代の生活を肌で感じることができます。

 

○皇居

koukyo

千代田区にある天皇皇后両陛下がお住まいになられている「御所」があるところ。江戸時代・徳川将軍が暮らしていた江戸城跡に建てられました。

東京中心部にあるにもかかわらず緑豊かで、お堀の周りを一周するコースはジョギングや散歩を楽しむ人々に人気のスポットです。

 

 

○江戸東京博物館

「江戸博」とも呼ばれる江戸東京博物館は、1993年(平成5年)にJR両国駅のすぐ近くに開館しました。徳川将軍が江戸に入府したころから現在に至るまでの400年の歴史を常設展で見ることができます。

細部までこだわっているジオラマや原寸大で再現された展示品など、見どころがたくさんあります。

 

○江戸東京たてもの園

小金井公園にある江戸東京たてもの園。ここでは江戸時代~戦前までの建物を移転・復元し展示しています。当時の様々な建物を見たり、建物の内部に入って当時の生活を肌で感じることもできたりする貴重なスポットです。

 

○下町風俗資料館

上野公園の一角、不忍池のほど近くにあるのが下町風俗資料館です。明治~昭和にかけての上野・浅草の生活が再現・展示されています。下町の長屋や駄菓子屋の展示が人気で、当時の玩具で遊ぶこともできます。

 

 

 

山名八幡宮神社

山名八幡宮神社

高崎から上信鉄道で山名駅下車, 東京 Tokyo
This post is also available in: 文化財にも指定された富岡製糸場につづく上信鉄道が境内の中を走る面白い神社。 山名八幡宮という名前は、このあたりの一大勢力であっ Read More
神社雅楽稽古体験ツアー

神社雅楽稽古体験ツアー

東京 Tokyo
Price per person from ¥ 5,000
This post is also available in: 装束をつけて貴方も雅楽楽士!? 日本人であれば、一度は聞いたことがある「雅楽」。 どんな歴史があって、どんな音がでるのでしょう Read More
*募集終了*【プレママ・ママ必見!】たった30分でわかる!「恥をかかない参拝作法」

*募集終了*【プレママ・ママ必見!】たった30分でわかる!「恥をかかない参拝作法」

東京 Tokyo
This post is also available in: 子供が生まれて増える神社への正式参拝。 お正月にお賽銭箱の前で手をあわせた経験はあっても、なかなか正式参拝の機会はないもの。 Read More