【お涼のたび】沼津の日枝神社に行ってきました

This post is also available in: en

みなさーん、こんにちわー

 

こまちむすめの次女お涼ですよー

 

静岡県にやってきたので、昨日の三嶋大社に続き、

沼津の日枝神社にやってまいりましたー!!

 

朝8:00のお参り~

朝に神社をお参りするのって、気持ちが凛として良い1日になりそうで

いいですよね!

 

こちらの神社は平安時代から山王さんとして親しまれてきた神社で

明治に至るまで近郷近在22か村の総鎮守の神としてあがめられてきたのだそう。

 

観光客などの人はいなく、静かな神社。

氏子さん数人が掃き掃除されていて、地元の方から愛されている感じが伝わってきます。

 

「この地域一帯は平安時代の末頃には大岡庄と称され、関白藤原師通の領地であった。

嘉保2年(1095)、源義綱が比叡山延暦寺の僧を殺害するといった事件があり、

これに端を発し、師通は僧たちの呪詛により山王の祟りを受け、38歳で死亡した。

師通の母は近江国の日吉神社の分祀を請い、これに大岡庄のうち八町八反を寄進して

祀ったといわれる。これが現在の日枝神社」(沼津市HPより)

 

ちょっと調べてみましたが、山王の祟りを鎮めるという歴史があるのね、日枝神社。

へーへー

 

そして本殿横には、高尾山穂見神社が。

沼津には同じ高尾山穂見神社が浅間神社にもあるそうですよー

 

 

 

境内には学問や書道の神・菅原道真が祀られた日枝天満宮もあり

頭を擦ると知恵を授かり、賢くなるともいわれる使いの牛も。

 

「良くなりたい処を撫でて下さい」との立て看板があり、他にも撫でたいところはありましたが、

ぐっと我慢して頭だけなでなで~

 

 

せっかく朝の神社で心が清まったところで、欲張りは禁物だよね!

 

 

 

コメントを残す

Note: Comments on the web site reflect the views of their authors, and not necessarily the views of the bookyourtravel internet portal. Requested to refrain from insults, swearing and vulgar expression. We reserve the right to delete any comment without notice explanations.

Your email address will not be published. Required fields are signed with *

*
*