【お涼のたび】静岡の三島大社に行ってきました

This post is also available in: en

みなさーん、こんにちわー!!

 

こまちむすめの次女お涼は、ぽかぽか陽気に誘われて日本の名社の1つに挙げられる

静岡の「三嶋大社」にやってきました

 

 

三嶋神社は源頼朝が崇敬した神社。

 

江戸時代後期に訪日し、日米修好通商条約を締結したことで知られるハリスも

この神社を訪れた記録も残っている、歴史上の人物とも関わりの深い神社です。

 

三島駅前から循環バス「せせらぎ号」でも行けますが、せっかくの晴天~

歩くしかないよね!

 

 

富士山の雪解け水が湧き出してきれいな水があちこちに

流れる道を20分ほどのんびり歩いて行くと三嶋大社に到着。

 

 

新年の初詣には約46万人が訪れるというこちらの神社

桜の蕾もずいぶん膨らんで、今日は桜まつり?屋台の準備が進められ

週末も天気が良さそうなどで、たくさんの人で賑わいそう♪

 

 

神門を抜けて本殿へ~

桜の木が両サイドに。これは満開時は桜のトンネルだね!

みなさんに満開の桜がご紹介できず、残念。。

 

 

 

そんな桜のトンネル(仮)を進み本殿とご対面の前に、

舞殿(ぶでん)がありました。ここは神楽や祈祷を行っていたところでしたが

後に舞を奉納したので、舞殿と呼ぶそう。現在は豆まき行事にも使われているんですって。

 

さていざ本殿!

こちらは、2000年に国の重要文化財に指定されており、特に特徴的なのは、

その高さ。23mもあり出雲大社と並んで国内最大級を誇るのです!

迫力あるわ~

 

 

そんな三嶋大社内には、源頼朝の妻、北条政子が信仰したといわれる厳島神社もあり、

雨乞いをして、大雨が本当に降ったということから、三嶋大社が雨乞いや水、農業の神様

として信仰が高まり、箱根を越える旅人の好天をお祈りしにくることもあったとか。

今日はまさに、好天だったのは、まさに三嶋大社のおかげってことね!

 

ご利益いただきました~

コメントを残す

Note: Comments on the web site reflect the views of their authors, and not necessarily the views of the bookyourtravel internet portal. Requested to refrain from insults, swearing and vulgar expression. We reserve the right to delete any comment without notice explanations.

Your email address will not be published. Required fields are signed with *

*
*